2019年01月02日


IE11で右クリックからソースの表示で外部エディタを起動する





ieSrcEditor.wsf をエクスプローラから実行すると、ファイルを参照するダイアログが開きます。内部のコードはソースコードのようになっています。(必要な関数等はインターネット上に保存して使用しています)

ここでは、ローカルのファイルを開いてパスを取得する為に、InternetExplorer.Application を使用しています。

アンインストールは、zip 内の uninstall.reg か 以下のテキストを uninstall.reg として shift_jis か Unicode で保存してエクスプローラから実行します。内部は、Microsoft の仕様によるレジストリエントリの削除記述となっています。ですから、実際削除を行うのは、regedit.exe です。
Windows Registry Editor Version 5.00

[-HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\View Source Editor]


ieSrcEditor.wsf
<JOB>
<COMMENT>
************************************************************
 WEB WSH 実行スケルトン
************************************************************
</COMMENT>

<COMMENT>
************************************************************
 外部スクリプト定義
************************************************************
</COMMENT>
<SCRIPT
	language="VBScript"
	src="http://lightbox.in.coocan.jp/laylaClass.vbs">
</SCRIPT>

<SCRIPT language=VBScript>
' 管理者として実行を強制する
Set obj = Wscript.CreateObject("Shell.Application")
if Wscript.Arguments.Count = 0 then
	obj.ShellExecute "wscript.exe", WScript.ScriptFullName & " runas", "", "runas", 1
	Wscript.Quit
end if

' ***********************************************************
' 処理開始
' ***********************************************************
Call laylaFunctionTarget( "http://lightbox.in.coocan.jp/" )
Call laylaLoadFunction( "baseFunction.vbs" )
Call laylaLoadFunction( "wmiReg.vbs" )
Call laylaLoadFunction( "toolFunction.vbs" )

' **********************************************************
' エディタ選択
' **********************************************************
strValue = OpenLocalFileName
if strValue = "" then
	Wscript.Quit
end if

' **********************************************************
' レジストリ
' **********************************************************
strPath = "SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\View Source Editor\Editor Name"
Call WMIRegCreateKey( HKEY_CURRENT_USER, strPath )
strValue = Dd( strValue )
Call WMIRegSetStringValue( HKEY_CURRENT_USER, strPath, Empty, strValue )

MsgOk( strValue & " を IE のソースエディタとして登録しました" )

Function OpenLocalFileName( )

	Call GetObj( "IEDocument", "InternetExplorer.Application" )
	IEDocument.Navigate( ScriptDir( ) & "\local.htm" )
	IEDocument.document.getElementsByTagName("BODY")(0).innerHTML = "<input id=FilePath type=file>"
	IEDocument.document.getElementById("FilePath").click
	if IEDocument.document.getElementById("FilePath").value = "" then
		OpenLocalFileName = ""
		IEDocument.Quit
		Set IEDocument = Nothing
		Exit Function
	end if

	OpenLocalFileName = IEDocument.document.getElementById("FilePath").value

	IEDocument.Quit
	Set IEDocument = Nothing

End Function
</SCRIPT>
</JOB>








posted by at 19:45 | ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。