2016年03月01日


テキストファイルの一括読み込み

Fso は事前に定義していてもいいですし、引数として渡して使用してもいいですが、このコードでは ErrorMessage と Fso がグローバル変数として関数内で定義されています。
Function GetTextFile( strPath )

	Dim ExecuteString
	Dim objHandle

	ExecuteGlobal "Dim ErrorMessage"

	ExecuteString = "Dim Fso : Set Fso = CreateObject( ""Scripting.FileSystemObject"" )"
	ExecuteGlobal ExecuteString

	ErrorMessage = ""
	on error resume next
	Set objHandle = Fso.OpenTextFile( strPath, 1 )
	if Err.Number <> 0 then
		ErrorMessage = Err.Description
		GetTextFile = ""
	else
		GetTextFile = objHandle.ReadAll
		objHandle.Close
	end if
	on error goto 0

End Function





posted by at 20:58 | Comment(0) | 関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。