2013年11月17日


runas 使ってコマンドプロンプトを VBScript で管理者として実行

元々、Shell としての機能にある、右クリックメニューの『管理者として実行』をスクリプトで処理する方法です。(『runas』がそれに該当します )

コマンドプロンプトは、管理者として実行すると、タイトルにその旨が表示されるので確認して下さい。



Shell.ShellExecute method
Set obj = Wscript.CreateObject("Shell.Application")
obj.ShellExecute "cmd.exe", "/k", "", "runas", 1



posted by at 01:49 | Comment(0) | Shell.Application | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。