2013年08月07日


XCOPY.EXE を使用した、『新しいファイルのみのバックアップ』を行うスクリプト

バックアップ先は、例えばリムーバルの保存用のハードディスクとすると、そこにこのスクリプトを置いてフォルダ名を決定して実行すると、そのフォルダの中にバックアップされます。

2回目以降は、新しいファイルしかバックアップされないので、新しいファイルが無い場合は『0 個のファイルをコピーしました』と表示されます

バックアップするフォルダのパスは、フルパスで設定しますが、ネットワークドライブが対象である事を想定しています。ですから、事前に仮想ドライブを設定する処理を追加する事もありますし、\\PC名\共有 という書き方でもかまいません。
Set WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")

Dim strCommand,strMessage
Dim strFrom,strTo

' コピー元
strFrom = "バックアップするフォルダのパス"
' コピー先
strTo = "バックアップ先"

' **********************************************
' 実行確認ダイアログ
' **********************************************
strMessage = strFrom & " の内容を   " & vbCrLf
strMessage = strMessage & strTo & " へ   " & vbCrLf
strMessage = strMessage & "新しいファイルのみコピーします" & vbCrLf & vbCrLf
strMessage = strMessage & "よろしいですか?"
if vbCancel = MsgBox( strMessage, vbOKCancel, "実行確認") then
	Wscript.Quit
end if

' **********************************************
' XCOPY
' **********************************************
strCommand = "cmd.exe /c XCOPY """ & strFrom & """ """ & strTo & """"
strCommand = strCommand & " /D /E /C /S /Y & echo 処理が終了しました & pause"
Call WshShell.Run( strCommand,, True )



posted by at 10:56 | Comment(0) | ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。