2011年10月14日


ショートカットの作成

.lnk ファイルに対して Windows はファイルのパスを引数として渡すことを考慮する必要があります。ここでは、dump.vbs 35 の後ろにファイルのパスが追加されて実行されます。

※ この例は、SendTo(送る) フォルダにショートカットが置かれています
strSendto = WshShell.SpecialFolders("SendTo")
Set oShellLink = WshShell.CreateShortcut(strSendto & "\簡易ダンプ.lnk")

oShellLink.TargetPath = "%windir%\system32\wscript.exe"
' 引数の定義
oShellLink.Arguments = "dump.vbs 35"
oShellLink.WindowStyle = 1
oShellLink.IconLocation = "%SystemRoot%\system32\SHELL32.dll,55"
oShellLink.Description = "作成者 : lightbox"
oShellLink.WorkingDirectory = "dump.vbsが存在するパス"
oShellLink.Save


Microsoft の詳細ドキュメント

WshShortcut オブジェクト


【WSHのオブジェクトの最新記事】
posted by at 14:53 | Comment(0) | WSHのオブジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。